歯並びや出っ歯を治すなら矯正歯科でしっかりと治療しよう

デンタルクリニック

サブメニュー

初期なら削らない

歯医者

練馬区の歯医者では虫歯の治療を始める前に、いくつか検査をされます。検査内容は唾液の量や成分を調べるのです。唾液と虫歯には深い関係があるからです。しっかり検査して削らずに虫歯を治療しましょう。

詳細を確認する

歯周病予防

歯

茨木の歯科では歯周病の予防のためにプラークコントロールの指導をすることがあります。正しい磨き方を知ることが予防に繋がるのです。また、定期的に歯石を落とすことも大切です。

詳細を確認する

予約する前に

家族

自由が丘で歯科を探そうと思ったら、まずはホームページを探しましょう。診療内容が事細かく書かれているでしょう。また、院内の様子もチェックできます。予約がスムーズに行える歯科がいいでしょう。

詳細を確認する

虫歯や歯周病になりやすい

女の子

歯並びを良くすることで知られているのが矯正歯科です。歯並びが悪いと様々な問題が出てしまいます。例えば、噛み合わせが悪く食べ物がしっかり噛めないということがあります。そのため食べ物を丸呑みしたような状態になるでしょう。その状態だと胃や腸に負担がかかってしまいます。胃や腸が食べたものを消化できず、便秘や下痢といった症状につながってしまうのです。また、消化しきれていないために栄養を摂取しにくくなるでしょう。このように歯並びが悪いことで体の様々なところにトラブルが出てしまうのです。矯正歯科で治療を受ける人に多いとされているのが出っ歯の人です。見た目を気にして出っ歯を矯正しようと考える人が多いようです。しかし、出っ歯は見た目以外のトラブルを招くこともあるのです。例えば額関節症です。出っ歯の場合、奥歯に隙間ができてしまうことがあります。そうなると顎へ負担がかかりやすくなってしまうのです。そして、出っ歯だと虫歯や歯周病にもなりやすくなるのです。歯が前へ出ることで口が閉じにくくなり、開けることが多くなります。そうなると口の中や歯が乾燥してしまうのです。乾燥してしまうと唾液の殺菌作用が低下してしまいます。また、歯の再石灰化もしにくくなるので、虫歯や歯周病の菌が繁殖しやすくなってしまうのです。矯正歯科では出っ歯の場合に一部分だけの治療を行なうこともできます。奥歯に問題がないのであれば歯の形を整えるために歯を削りセラミックでできた被せ物をするという治療もできます。他にも、差し歯が有効です。しかし、奥歯に隙間がある場合や歯全体を動かす場合はワイヤーを使った矯正が必要になります。矯正歯科の場合はほとんどがワイヤーを使った治療になるでしょう。また、早く治療を行なう場合はインプラント治療が効果的です。