歯並びや出っ歯を治すなら矯正歯科でしっかりと治療しよう

デンタルクリニック

初期なら削らない

歯医者

歯医者で虫歯の治療が続くといつ終わるのだろうと不安になることもあるでしょう。虫歯を治療するには何度も通院が必要になり、長い時間とお金がかかってしまいます。虫歯についての知識を集めることで不安を解消することができるでしょう。虫歯治療は細かく精密な技術が必要とされます。また、最近は昔と比べて虫歯治療の精度が格段にあがりました。練馬区の歯医者では、初期の虫歯の場合は削らずに治すという方法をとることもあります。初期の虫歯とは、歯の上面のエナメル質に浅く穴が空いている状態です。エナメル質というのは体の中で一番硬い組織で覆われている部分です。このエナメル質は食事のたびに溶かされています。しかし、唾液によって元に戻されているのです。しかし、虫歯の菌が繁殖してしまうとそこに穴が空き歯が元に戻りにくくなってしまいます。昔は、練馬区の歯医者でもこの段階で歯を削ることがありました。しかし、最近の療法ではこの初期段階の虫歯では削りません。削らずに唾液検査によって虫歯ができにくい口内環境を作るという治療をするのです。唾液には虫歯をできにくくする力があります。それなのになぜ虫歯になってしまったのか、それを探るために唾液の検査を行なうのです。練馬区の歯医者では、虫歯の治療を進める前に唾液の量を測ることもあります。唾液が出にくいということも虫歯につながるからです。もちろん、歯磨きの仕方や食事の仕方も確認します。このようなプラークコントロールに欠かせない一つ一つのことを調べた上で治療が行なわれます。練馬区の歯医者で虫歯の予防や治療を適切に行ないましょう。